b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンサマーセール

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

布団に入る前の洗顔にてきつく洗うことで毛穴に詰まった汚れを最後まで洗うことが、絶対に必要な通過点ですが、肌に不要な油分ごと、必要不可欠な成分である「皮脂」も取り過ぎることが、顔の皮膚が「パサ」つく元凶と言われています。
肌の脂が流れ続けていると、不要な肌にある油が出口をふさいで、酸素と結合しすっきりしない毛穴が生まれ、さらに肌から出る油(皮脂)が痛みやすくなるという困ったサイクルが生まれてしまいます。
顔の毛穴の黒ずみの広がりは穴の陰影になります。黒ずんでいるものをなくしていくという単純な発想ではなく、毛穴を何らかで隠してしまうやり方で、陰影も目につかないようにすることが出来てしまいます。
水の浸透力が高品質な化粧水で減っている肌に必要な水を補うと、弱りがちな代謝が進展すると聞きます。顔中にできたニキビだとしても大きくならないで済むことは嬉しいことですよね。今までの乳液を利用することはやめてください。
肌に水が少ないために、数多く目尻にあるしわは、薬を与えなければ近い将来目尻の大きなしわになるかもしれません。医院での治療で、今すぐにでも薬で治しましょう。
ニキビについては表れだした頃が重要なのです。断じて変な薬を着けないこと、ニキビをいじらないことがまずは大事にすべき部分です。毎日の化粧を落とす場合にもニキビを傷つけないように繊細になりましょう。
肌のケアには、美白を推し進める力のあるコスメをスキンケアで取り入れると、皮膚の力を引き上げて、肌の根本的に有する美白を維持する力を高めていければ文句なしです。
日ごろのスキンケアに重要なことは「過少にも過剰にもならない」こと。まさに今の肌の状態を熟慮して、「必要な物を必要な量だけ」といった、理に適った寝る前のスキンケアを行うということが大切です。
化粧水をたくさん染み込ませているにも関わらず、乳液などは必要ないと思い栄養素を肌に送りこめない人は、肌の中の潤いを止めてしまっているために、美肌を得られないと推測されます。
日ごろよりダブル洗顔行為で、肌に問題を持っていると認識している人は、オイルを使って化粧を流した後の数回洗顔を禁止しましょう。肌のコンディションが整っていくと断定できます。
肌トラブルを抱えていると、肌に存在する治癒力も減少しているため重くなりがちで、2、3日では美肌を形成できないことも荒れやすい敏感肌の問題点です。
広く伝えられているのは、顔の吹き出物や皮膚の乾燥による肌荒れを、治療せずに放置したりすると、肌全体はいっそうメラニンを蓄積し、目立つようなシミを作り出すでしょう。
未来のことを考えず、表面上の美しさだけを重く考えた行きすぎたメイクが、先々のお肌に深い損傷を起こします。肌の状態が良いうちに、最適なお手入れを知っていきましょう。
肌が刺激に弱い方は、皮脂分泌が少量で肌が乾きやすく、少々の刺激にも反応が始まることもあります。敏感な皮膚にプレッシャーとならない日ごろのスキンケアを心にとどめたいです。
よくある韃靼そばにあるシス・ウルベン酸などと呼称される成分中には、チロシナーゼなどと言う成分の細やかな美肌への仕事をひたすら妨害することで、美白により有益な素材として話題沸騰中です。