b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンセール割引

 

 

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

お風呂場で強い力ですすぐのはありがちな行動ですが、顔の皮膚保水作用をも削ぎすぎないためには、日々ボディソープで肌をこするのはやりすぎないようにすべきです。
多くの肌質の中でも敏感肌の方は顔の皮膚が弱いので、泡を落とすことが完全にできていない状態では、敏感肌傾向以外の方と見比べて、顔の皮膚の負荷が重症になりがちであることを心にとめておくように注意が必要です。
現実的に、頬の吹き出物や乾いた肌が与える肌荒れを、現状のままにして経過を見守ると、肌全体はいっそうメラニンを蓄積し、シミを今後色濃くして出来やすくさせてしまいます。
あまり体を動かさないと、よく言う新陳代謝が弱くなります。体が生まれ変わる速度が衰える事で、多くの疾病など身体のトラブルのきっかけなるだろうと思いますが、酷いニキビ・肌荒れもひとつに入ると思われます。
ソープを多く付けて擦ったり、さするように優しくこまめに洗顔行為をすることや、長い間よく顔の水分を逃すのは、乾燥肌をつくり出し毛穴をより黒ずませる要因です。
普段あまり姿勢を意識しないと意識していないと頭が前傾になることが多く、深くて大きなしわが首に生まれます。背中を丸めないことを意識的に実践することは、通常はご婦人としての見た目からも誇れることです。
膝の節々が硬まるのは、コラーゲンが減っていることが原因だと聞きます。乾燥肌に起因してまだ若くても関節が硬く変化するなら、男女の違いは問題ではなく、軟骨成分が足りていないと考えても良いでしょう。
最近聞いた話では、現代に生きる女性の多くの人が『敏感肌に近い』と悩んでいるとされています。男の人でも女性と似ていると考えている方は実は多いのかもしれません。
コスメ用品メーカーの美白アイテムの定義は、「顔にあるこれからのシミを消していく」「シミを消す」とされるような有効物質が認められる用品です。
睡眠不足とか自分勝手なライフスタイルも、皮膚防御活動を衰えさせ、刺激を受けやすい環境を結果的に作りますが、寝る前のスキンケアやライフサイクルを見直すことで、傷を作りやすい敏感肌は少しずつ快方に向かいます。
肌荒れを完治させるには、深夜まで起きている習慣を解決して、よく耳にする新陳代謝を進めてあげる事のみならず、年齢を重ねると体から出て行くセラミドをとにかく補充し保湿ケアをして、皮膚の機能をアップさせることです。
常日頃のダブル洗顔として耳にするもので、皮膚に傷害を持ち嫌だなあと感じているなら、クレンジングアイテム使用後の洗顔をまだやることをストップすることをお薦めします。時間はかかっても肌のキメが薬を使わずとも改善されていくと一般的に言われています。
いわゆる敏感肌の手入れにおいて注意点として、本日から「肌に水分を与えること」を取り入れてください。「肌に水分を与えること」は毎晩のスキンケアのお手本となる行動ですが、頑固な敏感肌対策にも応用できます。
念入りに手入れを行うと、毛穴・黒ずみを取り去ることが可能なので、肌がきれいになるように考えているのではないですか。実のところは肌状態は悪化してます。じりじりと毛穴を大きくしてしまうのですよ。
いつも化粧落としの製品でメイクを落としておられると推測できますが、一般的に肌荒れを生じさせる1番の原因がこういったアイテムにあると考えられています。